・クレジットカード
クレジットカードとは、信用と引き換えに、商品の購入やサービスを受けることのできるカードのことをいいます。
消費者は、カード会社と契約することにより、クレジットカードを使用することができます。
クレジットカードには、利用可能枠と有効期限が設定されることが一般的です。

利用可能枠は、カードによって異なります。信用によって左右され、また、利用状況によっても影響されます。
消費者は、利用可能枠内で利用することが求められています。
有効期限は、一般的に数年間設けられます。有効期限が切れたカードを使用することはできません。
しかし、更新することによって同じカードを使うことが出来ます。

また、クレジットカードにはショッピング枠とキャッシング枠というのが存在します。
ショッピング枠とは、文字通り買い物の際に利用できる金額のことをいいます。
ショッピング枠にも限度額が決められています。
契約時に、信用に応じて設定される利用限度額が、ショッピング枠の限度額であることがほとんどです。
キャッシング枠は、カード会社から借り入れする際の限度額です。
類似したものに、消費者金融のキャッシングがあります。
年利などもほとんど同じ割合に設定されています。

・現金化
最近では、クレジットカードのショッピング枠を現金化するという広告が問題となっています。
現金化とは、ショッピング利用可能枠を文字通り現金化することをいいます。
しかし、多くのカード会社は、このショッピング利用可能枠を現金化することを認めていません。
そのため、現金化すると、カードの利用が停止されたり、債務が増えるなどのトラブルが問題となっています。

オススメリンク